投資マンションの任意売却

投資用マンションの任意売却

大阪市天王寺区に住み、東京の新宿区に投資マンションを2003年に購入。
ちょっと歩いけば新宿の繁華街・ネオン街が在る関係で飲食関係の方々が多く住む地域なので、絶えず賃貸の需要が有り、年利回りが15パーセント以上というセールストークに乗せられ購入しました。

投資マンションの方は問題無く運用できていましたが、この方の勤める会社が大規模なリストラを行い、その対象とされてしまいました。 リストラの際に出た退職金でローンの繰上げ返済を考えましたが、この先、職が見つからないかもしれないことを考え、新宿のマンションの売却を選択。

2001年、銀行より2,000万円の融資を受けて購入。 しかし、売却をしようとしても相場価格では1,000万円にしかならないのです。 そして、この時点での、住宅ローンの残高は1,800万円も有りました。

電話とメールとチャットでご相談とアドバイスを繰り返し行いました。 この方の置かれた状況から任意売却として投資マンションを処分するのがベストな道でした。 任意売却をするにはある条件があるのですが、その条件を満たすため、まず何をしなければいけないのかをアドバイスしました。 そして、マンションを売却するにあたり、それと債権者と交渉するに当たり必要な専任媒介契約書を交わしました。

そして、任意売却の結果、800万円で売却。
投資用マンションなので引越し代が認めてもらえません。 そこで、契約のために東京までお越しいただく際の新幹線代と宿泊代として債権者に20万円を認めてもらえました。

現在、このクライアントさんは任意売却後の残った住宅ローン約1,000万円を毎月7,000円づつ返済しています。

大阪に住んで関東地方の不動産の任意売却。 逆に、東京に住んで関西エリアの任意売却。 私なら各地に強力な提携業者さんを確保しておりますので、何ら問題無く処理できます。

投資用マンションの処理など、私たちにご相談ください。

 

任意売却相談コール

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/111/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内