期限の利益の喪失通知

期限の利益の喪失通知

催告書とか督促状が何度か送られてきたり電話での督促を無視し、そのまま滞納分を返済しないでいると、次は期限の利益の喪失と書かれた内容証明郵便であなたの元にに届きます。

期限の利益を失ったという通知の例

催 告 書
貴殿は、平成○年○月○日付け金銭消費貸借契約書により、毎月末日を限りに金○○万円を分割して支払うと確約されましたが、平成○年○月○日及び、翌月末日の3回に渡りに上述の支払を怠りました。

よって、上述の金銭消費貸借契約第○○条により貴社は、期限の利益を喪失しましたので、同第○○条に従い、以下の金員を一括で支払われるよう催告します。


平成○年○月31日時の残金 ○○○円 残金に対する平成○年○月1日から完済まで年14.6%の割合 による遅延損害金

平成○○年○月○日
以 上
東京都港区西新橋○○○
財団法人 ○○○○○○協会 印
理事長 ○○ ○○ 印

 


 

期限の利益喪失予告通知
住宅金融支援機構では、住宅ローンの滞納者を最終段階にまで進ませまいとして返済を喚起する色々な通知を送って来てくれます。

期限の利益を喪失してしまうと、取り返しの付かないことになってしまいますので、期限の利益喪失予告通知という”今なら未だ間に合いますよ” という内容知らせをくれます。

この段階でお金を作ることが出来るのであれば、住宅金融支援機構に連絡を入れることをお勧めします。 しかし、ノンバンク以外道が無い場合には任意売却を視野に入れて行動をすることを強くお勧めします。 住宅ローンを返済する為に金利のベラボウに高いノンバンクからの借り入れは絶対に駄目ですよ!

期限の利益放棄の申出書
住宅金融支援機構のシステムには、期限の利益の喪失する日が来た時点で任意売却をしますと先に願い出ておく“期限の利益放棄の申出書” が有ります。

この期限の利益放棄の申出書を利用すれば約2ヶ月近くの時間を短縮することができます。任意売却の終了が2ヶ月も早く終了するということは、終わった後のローンの返済金も少なくて済むということになります。また、それだけ早く再出発のタイミングが早まるということになります。

住宅金融支援機構を利用していて、尚かつもう、どうやっても駄目だという状況におかれているのなら利用すべき制度です。

期限の利益を失う行為
一般的な銀行ローン契約における期限の利益喪失の条項例:
毎月の返済が3か月以上滞ったとき(住宅金融支援機構の場合は6ヶ月)。

* 借入者が自己破産したとき。
* 抵当物件につき差し押さえがなされたとき。
* 虚偽の契約内容で借りた事が判明した場合。
* 契約内容や信用に著しい変更が生じた場合。
* 借入者にとって今後のローン返済が困難であると考えられるケースが具体的に契約書に定められています。

「期限の利益を喪失」するケースは、融資契約書(金銭消費貸借契約書)の中の「期限の利益喪失事由」などという条文で具体的に列挙して書かれています。

連帯保証人と期限の利益の喪失
住宅ローンの融資を受けた本人が期限の利益を喪失すると、連帯保証人に対して支払督促や訴訟を起こす債権者が一般的です。

すでに債権者が債務名義を取得している場合は期限の利益喪失で直ちに給料差押などの強制執行をされる事もあります。

レアなケースですが、逆に連帯保証人が自己破産や債務整理すると、契約内容に著しい変更が生じたのであり借主本人へ残額一括払いの請求が来る場合もあります。

連帯保証人には迷惑がかかってしまいますが、その迷惑の度合いを当社なら必要最小限に抑えることが出来るかもしれません。今までに、連帯保証人の付いている任意売却の処理は数え切れないほど処理して来ております。

大切な人たちのことを考えるのであれば、経験と知識の任意売却センター川崎へご相談ください。

 


 

任意売却相談コール

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/156/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内