任意売却後の残債務の返済

任意売却の後に残る債務

任意売却や競売などで、債務整理をした後に残る返済義務の有る借金・住宅ローンなどは不良債権となって一種の金融商品となります。 金融商品となった残債務は不良債権の回収を業務としているサービサー(債権回収会社)間で転売されることになります。 転売されることによって、返済を強く請求してくるサービサーや
全く請求をしてこないサービサーがあり対応が全然違います。

この残債務の処理を誤ってしまうと、競売や任意売却をした後になっても支払いに苦しめられるということになってしまいます。 金融機関に勧められた任意売却の業者さんなどは任意売却後の残債の返済に関しては依頼人側に立った処理をしないことが多いのです。

もし、任意売却相談デスクという業者さんに任意売却を依頼した場合、半年後や1年後に残債務の請求が来た場合も、同じ任意売却相談デスクという会社に相談をして下さい。 全く関わっていない別の任意売却業者さんに相談に行くと、何もできないと断られてしまう場合がほとんどです。

なので、半年後や1年後の残債務の返済督促のことも考えて依頼先を検討してくださいね。

業者さんの中には、残った債務の返済は取られるモノが何もないために、逃げ切ればいいと言う方もいらっしゃるようです。 しかし、残債務の返済から逃げるというのであって、けして残債務が消えるということを意味しているわけではありませんからね・・。

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/169/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内