任意売却の売上代金の分配例

任意売却で不動産が売却できた際の売却代金の分配例

仮に1,000万円で売却できて、ローンの残債が1,500万円と想定します。

諸費用:
 ・仲介手数料  36万円※
 ・引越し代   30万円
 ・諸費用    30万円
 ・ローン返済  904万円
(売却代金から仲介手数料・引越し代および諸費用が支払われる)
↓  ↓  ↓  ↓
ここから各債権者へ分配することになります。
債権者が1社なら、904万円が全額、その債権者へ支払われることになりますが、複数いた場合には、分配金を業者が中心となって交渉を繰り返すことになります。

債権者が複数存在して、2番目・3番目の債権者が分配金(ハンコ代といいます)に不服が有り同意してもらえない場合には競売となってしまうことがあります。

全債権者の分配金(はんこ代)に同意をしてもらえて任意売却が成立した場合には、596万円が未返済の住宅ローンが残債として残ります。

そして残ったローン金額を月々いくら・いくら返済することを各金融機関と相談することになります。

引越し代が沢山もられて喜んでばかりもいられません。
引越し代が多くなればなるほど、残債が増えるのです。 自己破産をするのなら引越し代は沢山もらえた方がありがたいのですが、自己破産をしない場合には返済金が増えるだけです。

※ 仲介手数料には別途消費税がかかります。

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/198/trackback
コメントはまだありません

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

You must be logged in to post a comment.


任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内