任意売却での引越しの準備

任意売却での引越しの時期

任意売却の場合、売買の決済時には家をカラッポにしておく必要があります。

引越し先を探し始めるのはいつでもかまいませんが、物件の購入者が見つかった時点には具体的に引越し先を探さなければなりません。 賃貸は物件を決定してから約2週間も有れば、契約、引越しまで可能です。

反面、不動産を購入する側は、住宅ローン等の申込に約1ヶ月程かかりますので、購入者が見つかってから探しても十分に間に合います。

賃貸物件の契約、引越しにおいては、先にまとまったお金が必要となりますので、任意売却期間中に少しずつでも貯めておく必要があります。

任意売却期間中は家のローンの返済を止めておくことになります。
その返済するローン分を賃貸物件を借りる際の資金として蓄えておくことを強くお勧めします。

任意売却の場合には、債権者より引越し費用がある程度見てもらえることもあります。 しかし、引越し費用がでるのは不動産売却決済時なので、事前にお金を貯めておく必要はあります。

競売の場合の引越し時期
落札後、落札者の方から退去をするように促されることになりますが、期間的に1ヶ月も猶予を見てもらえる場合はほとんどなく、1~2週間ぐらいで退去するように促されることが大半です。

退去の条件は落札者にもより様々ですが、裁判所から売却許可決定が出た後は、何の権限もなく居座ることになる不法占拠者扱いとなりますのでご本人としては、精神的にもかなり厳しい状況に置かれることになります。

そうなる前に退去をしたほうが良いのですが、引越し資金等は任意売却と違い、一円もでることはありませんので、ご自身で用意する必要はあるでしょう。

30万円前後を目安として立退料の交渉をしてみるのも良いかもしれません。 ただ交渉は相手を見極めて行うことをお勧めします。

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/220/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内