一般媒介契約

不動産の一般媒介契約
不動産を売買する際に依頼者と不動産業者が結ぶ契約の一種です。

この一般媒介契約の大きな特徴は、売却依頼者は複数の業者に重ねて仲介を依頼できるのです。

不動産の売買契約には3種類の契約形態が有ります。
1) 一般媒介契約
2) 専属媒介契約
3) 専属専任媒介契約

1) 一般媒介 – 複数の不動産会社にも売却依頼できます。
2) 専任媒介 – 1社しか売却依頼できません。
    但し売り主が直接買主を見つけても契約できます。
3) 専属専任媒介 – 上記の専任媒介よりも売り主が厳しく直接買主を見つけても仲介手数料を払います。

不動産売却希望者にとっては一般媒介の方が良いのかというとそうでは無いと考えます。

売却依頼者にとっても不動産業者にとっても一般媒介契約よりも専任媒介契約の方が有利なのです。

一般媒介契約を結ぶ際に、依頼者の個人情報を不動産業者にさらすことになります。 3社に依頼をすれば3社に個人情報を渡さなければなりません。 また、一般媒介契約の場合には、依頼を請けた不動産業者は売却のための広告代をかけての販売とはなりません。

したがいまして、売却までの期間が専任媒介契約の場合より長くかかることになります。

不動産業者が一般媒介契約に全力を傾けない理由は、大金と時間と人材をかけて販売の努力をしても、他社が売却をしてしまう可能性が有るからなのです。 不動産会社は成功報酬ですので、いかにお金をかけても自社で契約を取らないと一円にもならないのです。

だからそんな危険性のある契約には販売費は使いません。 それに対して専任媒介は必ずお金になるので販売費や営業努力がちがうのです。 つまり業者がどれだけ力をいれて販売するかはこの媒介契約によります。 不動産会社からすれば専任媒介契約を希望することになるのです。

一般媒介を利用すべき場合
不動産売却希望者が仲介業者と「一般媒介契約」を締結した場合、レインズへの物件登録は「任意」となりますので、売却物件の登録をしないという選択もできます。

お隣近所の人たちに、ご自分の住まいの売却を絶対に知られたくないという状況の方は、一般媒介契約をお勧めします。

専任売却契約・専属専任媒介契約の場合にはレインズへの登録が義務づけられています。 このレインズに登録されてしまうと、不動産業者であれば日本至る所から情報を引き出すことが出来るのです。

任意売却の場合、地域に密着した信用金庫などでは一般媒介での任意売却しか認めません。 当社では今までに数度、銀行との交渉は当社で売買契約は他社に取られたということに遭遇しております。

信用金庫との交渉の手間・暇・お金は当社負担で、一円にもなりませんでした。 ですが、任意売却の依頼が来れば断るわけにも参らず、交渉のみでも行っております。

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/260/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内