オーバーローン(債務超過)とは

債務超過オーバーローンとは

債務超過(オーバーローン)とは、住宅の借入金の残高が、不動産の譲渡価額(時価)を上回っている状態のことを指します。  または譲渡価額超過分の借入金残高のことを指します。

オーバーローンとは本来、銀行など金融機関が、預金を上回る金額を貸し出している状態を指す金融用語です。

不動産取引では、主に住宅ローンの残高が、土地・建物など担保物件の時価を上回っている場合に使われます。 例えば4,000万円の住宅ローン残高があるのに、住宅の時価が3,000万円しかないという状態のことです。 このオーバーローン状態では、土地・建物を売却しても、借金が残ってしまうので、住宅を買い替える際などに新たな住宅ローンを利用し難くなります。 住宅購入時の頭金が少ない場合などに、オーバーローンに陥り易い。

オーバーローンでも任意売却であれば物件を処分出来ます。 詳しくは任意売却業者にお聞きになられてください。

任意売却とは、債務超過(オーバーローン)に陥っていて、売却時に住宅ローンが残ってしまう不動産を売却し、売却しても残る残債務の返済方法を変更することです。

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/296/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内