担保不動産競売開始決定通知

保不動産競売開始決定通知
競売開始決定通知とは
お金を借りる際に、抵当として差し出した不動産が “抵当権者” からの競売の申立てを受けたという通知です。

この競売は抵当権という強固な権利に基づき裁判などの債務名義なしで実行され、抵当権の順位に従い落札代金を優先配当されることとなります。 

強制競売への執行抗告
申立てられた競売へ不服申し立てはできません!
民事執行法45条 – 売却許可決定に対して執行抗告により争うことができるので、この段階では執行異議しかできない。  ただし、強制競売の申し立てを却下する決定に対しては、執行抗告ができる。

保不動産競売開始決定通知を受け取ってしまったら
先ずは、競売を申立てた債権者/抵当権者へ電話を入れることです!
住宅ローンの返済をご自分以外の誰かが処理していて、状況が全く解らないというような事もあるでょうしょ。 ご自分では状況が解らないのならなおさらのこと、競売の申立人に電話を入れてください。

そして、申立てた競売を取り下げて欲しいのなら、“競売を取り下げてもらうための条件を聞くこと” です。

往々にして、債権が銀行からサービサーに移ってから、サービサーが競売にかけて来ます。 この際には、そのサービサーに電話を入れて競売を取り下げてもらうための条件を聞いてください。

家は絶対に手放さない!
競売を申立てているサービサーが競売を取り下げてくれない。 しかし、家は手放したくない。 そんな時には、任意売却の業者に相談をしてみてください。
任意売却の業者がサービサーと交渉をすると、意外とあっけなく任意売却を認めてくれることがあります。

任意売却であれば、競売とは違い後は用意できるお金の問題だけとなります。

任意売却であれば、競売にかかる親と子の間での不動産売買も可能となる場合もあります。

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/338/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内