公正証書

公正証書とは、契約の成立や一定の事実を、公証人が作成する文書のことです。

公正証書は公証役場で公証人によって作成してもらいます。

公正証書は一般的に、金銭の支払または返済を目的とする債務に作成されます。

強制執行認諾約款とは、債務者(お金を借りた人)が債務を履行(返済)しない場合には、直ちに強制執行を受けても異議の無いことを任諾する旨の文言のことです。

公正証書に、強制執行認諾の記載されていれば、強制執行の申立の根拠となる債務名義という文書と同一の効力が認められ、裁判手続を経ないで直ちに給料差し押さえなふどの強制執行をされてしまいます。

公正証書には、遺言公正証書・任意後見契約公正証書・金銭の貸借に関する契約や土地/建物などの賃貸借に関する公正証書・離婚に伴う慰謝料・養育費の支払に関する公正証書並びに事実実験に関する公正証書などが有ります。

任意売却が終わった段階または、競売で処理が終了した段階で、残債務の支払約定書を公正証書で求める債権者・サービサーも居ます。

これが意味するところは、債務者が金銭債務の支払を怠ると、裁判所の判決などを待たないで直ちに給料の差し押さえなどの強制執行手続きに入ることができてしまうのです。 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/358/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内