競売とは

競売とは
借金をしている人(債務者といいます)から、貸したお金(債権といいます)の返済を受けられずに困った銀行などの債権者(抵当権者ともいいます)が、そのお金を回収するため債務者が所有する、貴金属などの動産や不動産の担保物件の売却を裁判所に申し立て、それら財産を差し押さえて、強制的に裁判所の管理下で売却し、その売却代金から債権者が支払いを受ける手続きです。

競売の種類
担保不動産競売
債権者が、債務者から抵当権を設定した不動産の権利者である場合、債権者は抵当権の行使として、対象の不動産の管轄である地方裁判所に対して不動産競売を申し立てることができます。

申し立てが受理されると、事件番号が付けられ担保不動産競売が進められます。

事件番号とは、紛争処理機関である裁判所が処理する事案を整理するために、「平成○○年(ケ)第○○号」のように付ける番号のことです。

強制競売
借りたお金を返済できなくなった債務者もしくは保証人所有の不動産を、裁判所が強制的に差し押さえ、競売にて売却し、債権者への債務回収にすることです。

債権者が債務者の債務不払いに対し、債権を回収する目的のためにある制度です。

債権者が、特に債務者所有の不動産について抵当権などを有していない点で担保不動産競売と違います。

債権者は、公の機関が作成した権利・義務・事実などを証明した文書(公正証書)や裁判の判決などの、債権の存在と範囲を証明された債務名義を用意することで、管轄の地方裁判所に強制競売を申し立てることができます。

この申し立てが受理されると、地方裁判所は担保不動産競売と同様に「平成○○年(ヌ)第○○ 号」という事件番号をつけ、強制競売を進めます。

競売で取得する不動産の欠点
通常の取引では当然にあるべき瑕疵担保責任がありません。
どのような傷み、不具合、故障があったとしても、その責任を追及することが出来ません。 あらかじめリフォーム費を見積もる必要があります。

競売落札後に生じるであろう問題
占有者が存在する場合: 
債務者や担保提供者、または正規の賃借人が生活している場合には、それら占有者と今後の使用料や立ち退きの条件などの交渉をすることになりますが、引越し先等を含め、話し合いが難航することが多く、早期に決着を図りたい場合は、立退き料を支払うことなどの条件提示が必要と思われます。

明渡しの合意の見込みがない場合には、裁判所に物件引渡しの申し立てをすることになります。

買受人は、執行裁判所に、債務者や占有者に対して不動産を買受人に引き渡すことを命じる「不動産引渡し命令の申し立て」を申し立てることができます。

執行裁判所の「不動産引渡し命令の申し立て」に基づき、執行官が同行して占有者に退去を要求し、強制的に実行することになります。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/367/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内