競売開始決定通知とは

競売開始決定通知
競売開始決定通知とは
債権者・抵当権者が、貸したお金を強制的に回収する方法として裁判所に
抵当に取っている動産・不動産の強制処分を申立てます。 その強制処分を競売といいます。 申立人が競売を申し立てをして、 その申立を裁判所が受理したという通知 です。

不動産の競売開始決定通知 :
“債権者の誰々” が貴方の不動産を競売にかけたので、裁判所はそれを受理しました」という通知です。

時間的には多少の誤差は有るとは思いますが、この通知が 届いててから7ヶ月~10ヶ月はそのまま住めますます。

当然、この通知に対する異議の申立もできます(これは結構難しいですが・・)。 そして、この段階であれば任意売却も出来ます。

競売開始決定通知が届いた後には:
競売開始決定の後は、対象の不動産情報が競売関係新聞、不動産情報誌等に掲載されますので周知される事となります。

また裁判所の執行官などが来訪し室内の写真がお取られインターネットにて室内を公開されるために、ご近所および友人・知人の方々に競売にかかっている事が知られてしまう事となります。

居留守を使ったり、仮病を使ったりしても執行官はお構いなしに事務的に物件の調査を推し進めていきます。

裁判所からの執行官は、この競売開始決定通知発送後1ヶ月~2ヶ月の間に伺うことになります。

競売開始決定通知が届いた後に返済の交渉
競売申立人(債権者)との交渉は可能です。 ただし、融資されたお金の全額一括返済またはそれに近い条件を求めてくるのが一般的です。

この時点で競売申立人の要求する現金をかき集めることの出来ない人は競売確定となります。

競売の申立金(予納金)
不動産競売申立に際しては、予納金を裁判所に納めなければなりません。 競売を取下げてもらえるとなった場合、返却される予納金と実費の差額を請求されることになります。 裁判所に納める予納金の額(参考 – 裁判所)

不動産競売での請求債権額が

2000万円未満の場合………………………………………60万円

2000万円以上5000万円未満の場合……………………100万円

5000万円以上1億円未満の場合…………………………150万円

1億円以上の場合…………………………………………200万円

競売開始決定通知を受け取った方々へのご提案!
任意売却という方法で、競売を申立てられた不動産を売却する方法が有ります。

任意売却をするのであれば任意売却業者が債権者に交渉すれば、取り 下げ場合もありますし、競売と同時進行で任意売却を進めて売却を認めてくれる場合もあります。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/370/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内