競売で不動産を買うメリット/デメリット

競売で不動産を購入するメリット
 ・近隣相場よりも安く不動産を購入できる。
 ・抵当権等がついている不動産の抵当権を職権で裁判所が抹消してくれる。
 ・仲介手数料が必要ない。 諸費用が一般の不動産売買に比べて安い。

近隣の相場よりも安く不動産を購入できることが多い。
競売不動産の価格は物件によって異なりますが、一般相場よりも10%~30%ぐらいは低く、なかにはそれ以上に安い価格で落札されるものもあります。

抵当権等がついている不動産の抵当権を職権で裁判所が抹消してくれる。
裁判所を介して事務処理が行われますので、所有権の移転登記や抵当権等の抹消登記も確実に行われます。 煩雑な手続きが減りますので、大きなメリットといえるでしょう。

仲介手数料が必要ない。
諸費用が一般の不動産売買に比べて安い。 不動産競売は、不動産屋を間に入れる一般の不動産売買と違い、物件所有者と買受け人の間に裁判所が入りますので仲介手数料がかかりません。

競売で不動産を購入するデメリット
立退の交渉
占有者が居る場合、立退きの交渉を行わなければなりません。 占有者の中には一円でも多く立退料を得たいためにダダをこねる人も居ます。

落札前に建物の中が見られない
落札後に予想以上のリフォーム費用がかかってしまうこともあります。
安く手に入れたは良いが、トータルでは普通に中古不動産を購入したのとほとんど変わらないということもあります。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/379/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内