現況調査と現況調査報告書

現況調査とは
現況調査は、裁判所の命令で裁判所の執行官が、競売の申立を受けた物件の調査をすることをいいます。

裁判所の執行官は、執行裁判所の現況調査命令によって、執行官が、実際に不動産の形状、占有状況、占有者の権原等を調査し、調査報告書を作成し、執行裁判所に提出します。

現況調査報告書とは
現況調査報告書には、土地の現況地目、建物の種類・構造等不動産の現在の状況のほか、不動産を占有している者の氏名やその者が占有する権原を有しているかどうかなどが記載されており、不動産の写真等が添付されています。

この現況調査報告書は競売の3点セットのうちの1つです
執行官が競売不動産の現況を調査し作成された調査報告書。 対象不動産の占有状況等が記されており、占有者が存在する場合、その占有開始時期により法的権利が変化するので確認が必要となります。

この現況調査が入って、おおよそ5ヶ月後位には競売の入札となります。
この現況調査で執行官が家を調査に来た時点では、まだ任意売却への申請は可能です。 ですが、時間的にはあまり余裕は有りません!

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/385/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内