公正証書と強制執行

公正証書
公正証書とは
公証人が公証人法・民法などの法律に従って作成する公文書です
公文書ですから高い証明力があるうえ、債務者が金銭債務の返済を怠ると、裁判所の判決などを待たないで直ちに強制執行手続きに移ることができます。

公正証書には債務名義としての効力があります。

債務名義
債務名義とは債権・債務の事実を公的に認められた法律的に有効な書面で、債権者が債務者の不動産、物品、給料などを差押える強制執行には債務名義が必ず必要です。

強制執行を行うには、債務名義、執行文、送達証明書が必要でこれらに応じた裁判所の判決確定証明書を取得します。

公正証書は「金銭の支払を目的とする債務」に作成されるのが一般的です。

例えば、賃貸借契約の債務者の「債務を履行しない場合には、直ちに強制執行を受けても異議の無いことを任諾する」との承認の文言(強制執行認諾約款)が公正証書に記載されていれば、強制執行の申立の根拠となる債務名義という文書と同一の効力が認められ、裁判手続を経ないで直ちに強制執行を行えるのです。

公正証書の効力
* 証拠としての効力
* 債務名義としての効力
* 心理的圧迫としての効力

公正証書の債務名義としての効力
公正証書を債務名義として強制執行が行えるということです。
公正証書が債務名義として強制執行の対象となるためには、下記の2つの条件を満たすことが必要です。

1) 金銭の一定の額の支払い又はその他の代替物若しくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求であること。

2) 執行認諾約款(強制執行されても文句無いよという文言)が記載されていること(民事執行法22条)。

しかし、公正証書は全て債務名義としての効力が認められているわけではありません。

支払い督促
訴訟を行わずに債務名義を取得できるのが支払督促です
支払督促は、正式な裁判手続をしなくても、判決などと同じように裁判所から債務者に対して金銭などの支払を命じる督促状(支払督促)を送ってもらえる制度です。

債務者には、債務名義の債務名義還付ができます。
還付する為には、裁判所に還付申請書と請書を提出します。 すると裁判所から判決等の債務名義が返還されます。 貸金業者から借りた借金の消滅時効は5年ですが、 債務名義が作成されると時効は10年となります。

強制執行の申立
裁判所に公正証書(債務名義)を提出しただけでは強制執行はして貰えません。

強制執行をするための前提条件として、事前に公証人に;

* 債務名義に “執行文” を付してもらい
* 債務名義をあらかじめ、または執行開始と同時に債務者に送達の申請
しなければなりません。

公正証書の原本は、管轄の公証役場に20年間保存されます。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/388/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内