瑕疵担保責任

民法代570条 – かしたんぽ責任
不動産売買契約の物件で、契約の締結当時、既に欠陥・キズ(隠れた瑕疵)があった場合、売主が買主に対して負う責任のこと。 売主が買主に対して負う責任とは、瑕疵の修復をしたり、損害が発生した場合に損害金を支払うこと。 売主が責任を負う期間は、民法566条では、買主が瑕疵を知ってから1年以内としている。

買主が知りえない瑕疵とは、例えば、住宅であれば表面に現れていないシロアリ被害や雨漏りなどはこれに該当する。

また、宅建業法では、売主が不動産会社の場合は、引き渡しの日から2年以上とする特約を除き、民法より不利な特約は結べないことになっています。

競売での物件には瑕疵担保責任を追及できないとなっております。 任意売却の物件は売り主にお金が無い為に瑕疵担保の責任を負わせることは事実上不可能となります。

欠陥と瑕疵とでは違います。
欠陥とは、故意あるいは重大な過失により建物が本来備えるべき安全性に欠いている、契約内容と異なっているなどの意味を示すことが多いようです。

発生する段階としては大まかに契約・設計段階、施工段階にわけられ、発生する理由としては、製品・施工等に対する知識不足、または経費削減等の故意的な理由による、設計あるいは施工の過失があるといえるでしょう。

なお、時間の経過とともに本来の品質や性能が失われる経年劣化(老朽化)は「欠陥」「瑕疵」には含まれません。

瑕疵担保責任保険
住宅瑕疵担保責任保険とは、新築住宅の売主等(建設業者・宅建業者)が、住宅瑕疵担保責任保険法人との間で保険契約を締結し、その住宅に瑕疵が判明した場合、その補修費用等が保険金によりてん補される制度です。

保険への加入にあたっては、住宅の工事中に検査が行われます。
また、売主等が倒産していて補修が行えない場合等は、発注者や買主が住宅瑕疵担保責任保険法人に瑕疵の補修等にかかる費用(保険金)を直接請求することができます。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/401/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内