期間入札

期間入札

裁判所 – 不動産期間入札について
国税庁 – 公売へ参加方法

競売での期間入札とは、地方裁判所が一定の「入札期間を定め」、その期間内に入札を受け付け、別に設定された開札期日に開札を行って最高価買受申出人を決定する方法です。

所有する不動産を担保に住宅ローンや事業資金の融資を受けていた場合で、長期にわたる滞納や返済不能が発生した時に、民事執行法に基づき、その担保不動産を売却して債権回収を行う、いわゆる「抵当権の実行」という法的制度を「期間入札」といいます。

期間入札のタイムスケジュール
  1. 物件公告
  2. 物件閲覧開始  ※ 「物件公告」から1週間
  3. 入札開始      ※「物件閲覧開始」から2週間
  4. 保証金納付   最低売却価格(裁判所が提示)の20%
  5. 入札締め切り  ※「保証金納付」から2週間
  6. 開札       ※「入札締め切り」から1週間
  7. 売却許可決定公告 ※「開札」から1週間
  8. 売却許可決定確定 ※「売却許可決定公告」から1週間
  9. 代金納付通知 – 売却決定謄本入手後、約2ヶ月前後で代金納付(執行抗告が無い場合)
  10. 代金納付
  11. 登記完了

落札に至らなかった物件は、翌日から一ヶ月、特別売却期間となります。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/405/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内