求償権とは

求償権(民法459条)とは
民法第459条(委託を受けた保証人の求償権)
連帯保証人または保証人が主たる債務者に代わって貸金等を支払った(返済した)場合には、支払った(返済した)分は後に、主たる債務者に対して返してくれるように請求できる権利です。

住宅ローンに対するローン保証会社の求償権
住宅ローンの返済を出来なくなり、期限の利益を喪失した場合、銀行等の金融機関はローン保証会社に対して代位弁済を請求し、保証会社は債務者に代わってローンを返済することになります。 これにより、住宅ローンの債権や担保物権などは、求償権の範囲でローン保証会社に移転することとなります。

求償権の時効
求償権には消滅時効(ある一定期間権利を行使しなければ、権利そのものが消滅してしまう制度)が有ります。

保証人が主たる債務者に対する求償権の消滅時効は、商行為の保証委託による場合が5年、その他が10年となっている。なお、消滅時効の起算点は、債権者に弁済をするなど免責行為をした時点で、そこから時効が進行することになります。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/408/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内