法テラスへ相談する

法テラス
法テラス、正式名称は日本司法支援センターといいます。
借金や離婚、相続、犯罪の被害などの法的トラブルに遭ったときは、専門家に相談してきちんと解決したいものです。

しかし、「どこに相談したらいいか分からない」「身近に弁護士がいない」「弁護士費用が払えない」といった理由から、相談できずにいる人も少なくありません。そこで、全国どこでも、だれでも、必要な法的支援を受けられるよう設立されたのが「日本司法支援センター(愛称「法テラス」)」です。(法テラスを紹介する政府公報より抜粋)

法テラスは、法的トラブルに遭い、どこに(だれに)相談したらいいのか分からない、あるいは法的トラブルを未然に予防したいという人たちに、解決への道案内をする「総合案内所」のようなものです。

「借金が返せない」「消費者被害に遭ってしまった」「離婚について悩んでいる」「職場で不当に解雇された」「相続の話し合いがまとまらない」など、あらゆる法的な悩み(法的なものか分からないという悩みも含めて)を受け付けており、トラブルや悩みの内容に応じて、適切な相談窓口や、各種の法制度・手続きなど、解決に役立つ情報を、電話や面談、電子メールで提供しています。

電話番号 0570-078374(おなやみなし)
* 電話の受付時間は、平日の午前9時~午後9時、土曜日の午前9時~午後5時
* 英語での問い合わせにも対応しています。
* PHSやIP電話からは03-6745-5600におかけください。

経済的に余裕がない人には無料で法律相談
法テラスでは、民事法律扶助サービスとして、全国各地の事務所で、経済的に余裕がない人が法的トラブルに遭ったときに、無料で法律相談を行っています。

また、一定の要件を満たしている方には、弁護士や司法書士などの費用の立て替えも行っています。

法テラスの民事法律扶助サービスを利用するためには、「収入等が一定額以下である」などの条件を満たすことが必要です。

具体的な資力状況の確認や無料法律相談についての案内は、電話でも行っています。お気軽に法テラスのコールセンター、またはお近くの法テラスの窓口にお問い合わせください。

無料法律相談は、弁護士・司法書士などが口頭で法的助言をするもので、1回の相談時間は30分程度、相談回数は同一問題につき3回が限度となっています。

なお、無料法律相談は、法テラスの事務所のほか、法テラスに登録した事務所相談登録弁護士・司法書士の事務所などで行います。

相談は原則予約制となりますので、相談を希望される法テラスの事務所へ必ず事前に確認しましょう。

++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++
法テラスで紹介される弁護士さんの弁護料が無料となるのでありません!
法テラスで紹介される弁護士さんの場合、最初の弁護士の相談料が無料になるだけで、弁護士費用、予納金、印紙代は全部自己負担です。

弁護士費用は法テラスの審査によって5,000円ずつの金利無しの分割ができますが誰も弁護士費用を免除、肩代わりしてくれません。 また、弁護士料も依頼者の状況により半額にしてもらえる場合も有ります。

生活保護をもらっている人の場合でも医療費と同じように弁護料の公費負担という制度はないです。

自己破産での管財事件になると、管財人になる弁護士は自分の担当の弁護士と違って20万円なりの費用払い込みが終わらないと一切の手続きを進めてくれません。

担当弁護士が債権者に受任の通知をしてくれて、取り敢えずの支払いの必要が止まった段階で、費用を貯めていくしか道はないでしょう。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/427/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内