偏頗弁済とは

偏頗弁済(へんぱべんさい)とは
債権者達の中のある特定の債権者だけに返済を行う行為をいいます。

破産・免責手続や、個人再生手続において、特定の時期に、一部の債権者のみを優遇するような弁済を行うことを偏頗弁済と言い、債権者平等の原則に反するため、禁止されています。

破産法252条1項1号には債権者を害する目的で、破産財団に属し、又は属すべき財産の隠匿、損壊、債権者に不利益な処分その他の破産財団の価値を不当に減少させる行為をしたことと、規定されています。

これは、弁済を行った時期も重要です。 義務なき偏頗行為とは、弁済行為とその時期を問題とするもので、行為当時、破産者が支払不能であったかが、争点となります。

ただし、返済不能前に行われた返済行為は、否認の対象外となります。 が、返済不能後に行われた弁済行為は、否認の対象となる可能性があります。

自己破産後の免責不許可事由となる非義務的偏頗行為とは
「特定の債権者に対する債務について、担保の供与又は債務の消滅に関する行為であって債務者の義務に属せず、またはその方法若しくは時期が債務者の義務に属しないものをしたこと」が必要となります。 これを、義務もないのに偏頗行為をしたものという意味で “非義務的偏頗行為” といいます。

 

 

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/439/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内