親子間での任意売却

両親が事業に失敗をして実家が競売にかかってしまった。
先祖代々住み続けてきた家なので、長男である自分が競売で落札をして、そのまま両親をそこに住まわせたい。

離婚をした娘のために今住んでいる家を買って上げたい。
娘夫婦が離婚をしてしまいました。 元夫は、マンションを出て行きました。 問題はこのマンションのローンの返済が滞っており、銀行から任意売却を勧められている。 任意売却しなければ競売となってしまうのです。 父親である私が娘に代わり購入したい。

妹夫婦が小料理屋をやっています。 数年前に大幅に改築した際に借り入れたローンの返済ができなくなってしまい。 競売にかかってしまっています。 兄の私も料理人で、妹たちのお店を買い戻して上げ、名義上は私のお店としてやっていくことはできますか。

親子間の任意売却、兄弟間の任意売却、親戚間の任意売却など等、身内間での不動産の任意売却は一筋縄では行かない案件なのです。

まず、住宅ローンがなかなか通らないのです。 また、姓が同じということで金融機関が売買に同意をしてくれないことが多いのです。

購入資金のローンが通らない、同姓でダメだ、しかし絶対にあの不動産だけは他人に渡したくないという強い思いの方々には、第三者の投資家さんに助けを求めるという方法を提案します。

競売で落札するという方法も有りますが・・。
競売には不特定多数の方々が入札します。 したがいまして、確実に買い戻せるという確証はないのです。 

また、競売ですと、かけられた方が競売後に返済しなければならないローンが有ります。
この残ってしまうローンは遅延損害金といペナルティーが付いてきます。 その残債を毎月々返済しなければならないのです。 これが、任意売却ですと競売に比べ処理が早いのでその分の遅延損害金もかなりの額圧縮されますし、加え私たち任意売却業者が任意売却後の返済額の交渉を債権者と行いますので、かなり楽な額となるのです。

親子間の任意売却が可能か不可能かなどは状況が千差万別なので実際にお話をお伺いしてみないとなんとも言えないのが実情です。 例えば、UR都市機構のマンションを親子間任意売却したいと思っても、UR都市機構では任意売却そのものを認めていません。 住宅ローン返済を滞納で競売の通知が来たばあいには競売でいくしかありません。

当社では月に2件~4件の親子間任意売却を処理いたしております。
親子間・兄弟間・親戚間での任意売却のご相談ならお早めにご相談ください。

トラックバックURL

http://www.xn--boqw2irufmvj.com/archives/74/trackback

任意売却相談コール
無料相談 0120-088020 任意売却相談コール

メニュー



スポンサード リンク
 
ご案内